本買取の方法

本買取価格

本買取の方法には実店舗の店頭で依頼する方法と、オンラインとの2種類があります。店舗での本買取は自分で持ち込む必要がありますが、複数の店舗に見積もり依頼をするのが容易です。売りたい本を店舗に持ち込み、最初に見積もりを依頼します。買取価格は店舗やチェーン店全体の在庫によって変動するほか、本の状態によっても査定額が変わるため、できる限り綺麗な状態で持参します。本に書き込みがあったり、折れや汚れがあると買取額は更に安くなってしまいます。

 

汚れは天地や小口も評価の対象となり、カビが見られる場合は買取を拒否されることがほとんどです。天地や小口の汚れは、サンドペーパーで擦ると良く取れます。最初に目の粗いタイプ、次に細かいタイプで擦ると、ほとんどの汚れを取ることができます。購入時に貼られていたラベルやシールは、ドライヤーで温めると簡単に剥がれてきます。
店舗によって買取価格の評価の基準が若干異なるため、見積もりは1店舗では無く複数の店舗で依頼し、買値が高い店舗に売るのが得策です。会員に限り買取価格がアップしたり、買取点数によって数%アップするようなキャンペーンを実施していることも多いため、事前に情報を入手します。

 

オンラインで買取を依頼する場合は、Webサイト上から必要事項を記入すると、別途ダンボールや必要書類が送付されてくるため、売りたい本をダンボールに入れて梱包し、配送業者に引き取ってもらいます。初めて買取を依頼する場合は、身分証明書のコピーと念書も同封します。業者へ本を送付する際の送料は無料のケースがほとんどですが、見積もりの結果買取を依頼しない場合、一般的に返送される際の送料はユーザー負担となります。オンラインでの買取は、複数のショップで見積もりを依頼することが現実的ではなく、本の状態に対する査定も厳しくなりますが、自宅から依頼できるという大きなメリットがあります。店頭とオンラインを使い分け、メリットのある方を選択するのが賢明です。

本買取業者選びは宅配業者という方法もある

本買取業者

本買取をしてもらう場合には自分で持ち込む方法が一般的と考えられていますが、最近ではインターネットによる買取申し込みも非常に増えています。この方法のメリットは自分で重い本を買取店まで持ち込まなくても良いことや、店舗に置いて査定が完了するまで待たなくても良いと言う点です。そのため最近ではこの方法を利用する人が非常に増えています。

 

しかしこの方法では本を宅配便などで送らなければならないため、様々な面で注意をしなければならない点があります。第一に送料が発生するという点です。ホームは比較的その重量が大きくなることが多いため送料は非常に高くなる傾向があり、その送料を比較することが宅配便による買取においては非常に重要となってきます。また輸送中の安全性についても十分に確認をすることが必要になります。最近では荷物を安全に目的地まで届ける業者が非常に増えていることからほとんど配送に関するトラブルはありませんが、ごくまれに送った荷物が届かないといったトラブルが発生することもあるので、信頼できる宅配業者を選ぶことが非常に重要です。

 

本買取を行う際に最も注目したいのは、買取業者側で宅配業者を手配して集荷すると言うサービスです。最近では大手の買取業者はこのようなサービスを始めているところが増えており、申し込むと配送料は買取業者負担で宅配業者を手配してくれるところが増えているのです。この場合には専用のボックスなどを宅配業者が届ける仕組みになっており、これに詰めて集荷を待つだけで引き取りを行ってくれる場合もあり余分な費用がかかりません。また買取業者が手配しているので安心して荷物を預けることができ、かつ迅速に査定を行って連絡をするので非常に便利な方法となっています。本買取の業者選びには様々な方法があります。買取業者の査定価格や実績に目が行きがちですが、宅配業者における様々なサービスを効率的に利用している点についても実際に多くの恩恵を受けることが多いので、この点にも注目をして選ぶことが必要です。

本買取のジャンル

本買取申込

本を買取してもらうときに重要なのが、ジャンルです。最近は店舗に持参するほかに、宅配便などでお願いすることもできるようになりましたが、その際に見積もりを取るようにしましょう。どの本がどのくらいの値段になるのかというのは売る前に知っておくべき情報です。あまりに安い金額であれば、手元に置いておきたいと考える人もいるからです。ジャンルには、マンガ、小説のほかに実用書やレシピ、専門書などがあります。小説やマンガというのは、発売してからの日にちが浅いほど買取金額が高くなる傾向にあります。特に古本の中でもマンガというのは需要があるので、売る方も買う方もある程度コレクションしていることが多いです。全巻セットでまとめて持っていくと高い金額をつけてくれることもあるようです。

 

小説は人気作家のものや、ドラマ化や映画化される作品は値が高くなります。こちらも、新しい方が金額が高くなるので、もう読まないと思ったら早めに買取してもらう方がいいでしょう。ライトノベルも小説ですが、比較的イラストに比重が置かれているものが多くあり、表紙が曲がっていたり傷があると価格が落ちてしまいます。初回限定版などで、市場に出回っていないものは通常版よりも高く買取ってくれます。ビジネスなどの実用書も安定的な人気がありますが、特に新社会人が多く出る春に多く買い求める人が増えます。時期により価格が変動することもあるので、見極めて売るといいでしょう。レシピなども需要がありますが、流行があるので、古いものは対象外になってしまいます。

 

専門書や画集といったものは、あまり普通の人が手にしない本です。大学の近くなど、その本を必要としている場所に行くと買取価格が高くなることもあります。一般的なところでは、見積もりを取ると買取できないという回答になることもあるので、需要と供給のバランスを考えることが大切です。付属のCDなどがあれば、必ずつけておきましょう。

本買取のメリット

本買取人気

読まない本を買取に出す、このような売買サービスの利用はメリットが豊富です。使っていない物が邪魔になるのと同じく、本も案外場所を取ってしまい扱いに困るケースが存在します。一方の買取は不用品の現金化に加えて、部屋がスッキリと片付くメリットがあります。特に次々と増える単行本のコレクションなどは、まとめて買取に出すと部屋が見違えるように綺麗になるはずです。本棚に並ぶ作品を買取に出せば、次のコレクションを保管するスペース確保にも至ります。床に積み上げるほどスペースがない場合は、足元がスッキリして部屋全体が広々とします。これらのメリットは、物理的な書籍だからこそ備わる利点で、思い切って手放せば直ぐにでも実現します。おまけに現金まで手に入るわけですから、給料日までにお金が足りない時にも役立つ選択肢です。

 

身近にある物がなくなるのは寂しいものですが、それ以上に複数のメリットが得られることを意味します。もう一つのメリットは副次的ではありますが、使っていない本が他の人の役に立つ点も挙げられます。それは中古市場に商品を流通できたり、買取店の経済活動にも影響して、経済を動かす原動力になることも含みます。経済活動の一部になるというのは大げさですが、しかし事実ですし少なからず影響を与えます。逆にお金は要らない、でも部屋をスッキリさせたい人にも買取はメリット大です。

 

これから引っ越しをする予定の人は、不用品の処分だけでも大変な作業です。しかもまだ読める本を捨てるのは心理的な抵抗感があったり、環境的にも良い選択とはいえないのが事実です。その点、買取は不用品の再商品化が可能で、更に無駄なく処分という目的も達成できます。今では宅配や出張サービスの選択肢が豊富ですから、お店に出向く時間がなくても便利に利用が行なえます。本は読めば知識や娯楽の泉ですが、読まなくなった物はオブジェや置物と同様です。置いておいて価値が高まる物ばかりではないので、読まないと思ったら買取で手放す、これが複数のメリットに繋がる賢い方法です。

本買取の市場価格について

本買取評判

本買取の市場価格は、発行部数やジャンルによっても異なりますが、一般的に発売から年数が経過するほど安くなります。通常発売から1ヶ月程度で買取価格は半額となり、半年で定価の3割から4割、2年ほどで1割から2割程度まで落ち込みますから、必要の無くなった本は早期に売った方が得です。週刊誌や月刊誌などの雑誌は、情報の鮮度が急激に落ちるため、1週間後には半額以下となることも珍しくありません。ジャンル別では、専門書は比較的値崩れを起こし難いという特徴があります。理由は発行部数が少ないわりに一定の需要があるためで、数年経過後も定価の半額程度を維持したり、絶版となり定価以上の買取価格になることもありますが、改版本が発売されると一気に値を下げます。

 

対照的に激しく値崩れしやすいのが人気のコミック本で、発行部数が多いことから入手性が良くすぐに古本が出回るほか、近年は電子書籍でも販売されているため、本買取価格が数十円程度まで落ちこむ物もあります。情報の鮮度が重要とされる新書本もコミック本に近く、買取価格は早い段階で低下します。市場価格は一度下がるとしばらく変動することはありませんが、メディアで取り上げられることにより、急上昇するケースも存在します。特に絶版でかつ電子書籍でも発売されていない本は、入手の難しさから予想以上に高値をつけることがあります。
このほか3月から5月上旬までの引越しシーズンは、本を手放す人が増え在庫が一時的に膨らむため、買取価格の低下が見られます。

 

本買取の市場価格は、インターネット上の一部買取専門ショップで確認でき、見積もり依頼も可能です。中古本を販売しているECサイトでも、売値を見ることである程度買取価格の目安となります。どの店舗も市場価格を参考に買取価格を決定するため大きな差はありませんが、市場価格と実際の買取価格が一致するとは限りません。店舗の在庫量によっても変化するため、市場価格はあくまでも参考です。